Twitterブロックリストの一覧確認と削除方法|インポートや配布情報も

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitterで迷惑なユーザーをブロックしたけれど、いままでにブロックしたアカウントを確認したい。

誤ってブロックしたアカウントのブロックを解除したい。

そんなとき、Twitterでブロックリストに追加した一覧を確認し、削除する方法を紹介します。

もくじ

Twitterのブロックリストとは

Twitterでは「ブロック」したアカウントに自分のツイートを表示させないようにする機能があります。

ブロックリストとはブロックしているアカウントの一覧のことです。

「ブラックリスト」と呼んでもいいかもしれません。

Twitterのブロックリストの確認・削除の方法

Twitterのブロックリストは画面上で確認することが可能となっています。

Twitterアプリでの操作手順をご紹介します。

まず「設定とプライバシー」をタップします。

「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

スクロールして、「ブロック済みアカウント」をタップします。

ブロック済みアカウントの一覧が表示されます。

ブロックを解除したい場合は、アカウント横の「ブロック済み」をタップします。

「フォローする」に変化し、ブロックを解除できました。

Twitterのブロックリストを共有する

2019年まではTwitterのブロックリストをCSVファイルでダウンロードし、共有することができたようです。

しかし、残念ながら今現在はCSVファイルをエクスポート/インポートすることができないように変わってしまいました。

Twitterのブロックリストを共有したい場合は、画面のスクリーンショットや、アカウントIDを手打ちで共有するほかなさそうです。

まとめ

Twitterのブラックリストともいえる「ブロックリスト」について、確認の方法とブロック解除の方法を紹介しました。

一度ブロックすると、もしフォローされていても解除されてしまいます。

また、ブロックした相手が自分のプロフィールを閲覧すると、ブロックしていることが相手にわかってしまいますので、ブロックは慎重に使いたいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる